アイカツ!1stシーズン第13話「カロリーの悲劇!」雑感

お正月に里帰りしたいちごは、お母さんの美味しい手料理で食が進む。焼き肉に、雑煮に、ケーキに、チョコレートに、容赦なく餌付けしてくる母親のせいで、気が付けばぶくぶくと太ってしまった! その変わり果てた姿に、おとめからは「いちごたん」とマスコットキャラ扱いされるという屈辱…!!

けど、この丸々太ったいちごたんがくっそ可愛くて萌える!!! ポップコーンを手掴みして、満面の笑顔で頬張る愛くるしさは、まさにマスコットキャラそのもの! ぽっちゃりした体型に合わせて、声優の諸星さんもちょっとデブ声で演じているところがまたいいね~!(笑)

「運動したあとのご飯はスペシャルに美味しい!」

このアホ丸出しの表情とセリフがスペシャルにカワイイ!(笑) 本当になんなんでしょうか、この身悶えするような可愛らしさは。

普段誰よりも頑張り屋さんないちごちゃんだけに、こういうダメダメな一面が見られると親近感を感じやすいってのもあるんですけど、太っていても彼女の魅力が不変であるってのが一番の理由かな~? ご飯をもりもり食べて幸せそうないちごちゃんは、見ているこっちも笑顔になれますよ!

とはいえ、アイドルとしてこの現状はさすがにまずい。「ちょっと運動したら痩せるし」「毎年お正月は太っちゃうし」「明日から頑張るし」とまったく危機感なしだったいちごも、アイカツシステムが受け付けてくれなくなった事実にはさすがに焦りを隠せず。

ここでいちごが変身できなくなった理由を、「太って衣装サイズが合わなくなったから」ではなく、「アイドルとしての気構えを忘れてしまったから」と転換させていたのは上手いよね。「デブにアイドルの資格なし!」とズバッと切り捨ててしまうと、さすがに反感を憶えるお客様も出てくるでしょうから(笑) あくまで体型ではなく内面が問題なんだと。

己の過ちにようやく目が醒めたいちごは、このあと必死にダイエットに励むようになりますが、そこでも過剰なダイエットはNGであることを啓蒙していましたし、こういった細やかな配慮を欠かさないのは、教育要素も兼ねる女児アニメならでは。一方的な視点で正しさの決めつけにならないよう、すごくバランスの取れた脚本が考えられていると思いますよ。

主人公の女の娘が食べ過ぎて太ってしまう話というのは、少女漫画では割とよく「あるある」なんですが、いちごたんのように目に見えてデブってしまうのは珍しいケースだったので、大いに笑わせてもらいました。まん丸に太った彼女もめちゃくちゃ可愛かったので、いちごちゃんには定期的に太ってもらって、またいちごたんになってほしいな(笑)

笑いというと、学園長の新年の書き初めシーンもツボに入ったんですよね~。真面目な顔しながら何を一生懸命したためているのかと思えば、まさかの「☆」! 完全に発想の外だったので、1人で笑い転げていました。

アイカツ!が見放題の動画配信サービス
dTV
dアニメストア
バンダイチャンネル
hulu

アイカツ!1stシーズン Blu-ray BOX1

販売元:Happinet(SB)(D)( 2014-11-05 )

定価:¥ 28,944 ( 中古価格 ¥ 12,280 より )

Amazon価格:¥ 25,812

時間:600 分

4 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。