アイカツ!1stシーズン第4話「Oh! My! Fan!」雑感

アイドルといえば、欠かせないのがファン。しかし、アイドルアニメの多くは何故かファンの存在がブラックボックスになっていることが多く(Wake Up,Girls!を除く)、「とりあえずいる」程度の賑やかし要員でしかないことに強い不満を感じていました。ファンはアイドルの姿を映す鏡であり、どんなファンがついているか、どれほどファンが熱狂しているかで、相対的にアイドルの存在を知ることができる大事なバロメーター。アイドルアニメとして、ファンの存在は絶対に有耶無耶にすべきではないのです。

アイカツ!3rdでも、そういったファンの実体が詳らかに描かれていなかったのが残念でしたが、1stでは初めてのファンとのふれあいをエピソードとして描いてくれていたのが嬉しい! しかも男性ファン。憧れのいちごちゃんを目の前に、顔を真っ赤にしながら喜びを露わにしている反応が微笑ましくて、とっても共感持てるキャラでしたよ。イケメンすぎずブサイクすぎずのルックスで、視聴者への配慮も欠かしていません(笑)

そして、いちごちゃんのファン対応が完璧すぎて、まさに神対応!! 友達のようにフランクに接する親しみやすさを見せたかと思えば、ファンの憧れをしっかり受け止めるアイドルらしい振る舞いも見せる。この開けすぎず詰めすぎずの程好いファンとの距離感が、理想的なファン対応であったと断言できます!

挫折を味わい、続けてきた陸上を辞めようかと悩んでいたファンの彼が、いちごちゃんの頑張りに触発されて、自分も諦めず陸上を続けようと翻意したときには、「太田君! 試合、頑張ってね!」と満面の笑顔でエールを送る。もう~~、このシーン破壊力ありすぎ! 至近距離でこんなカワイイエールを見せられたら、いちごちゃんファンは全員いちころですわ!(笑)

ファンが抱える悩みに対して、上辺だけの同情や無責任なアドバイスを送るのではなく、シンプルに励ましてあげられるいちごちゃんはホント素晴らしい。本来ファンはアイドルを応援する立場であるだけに、“応援するつもりが逆に応援されてしまった”という嬉しさは、ファンの心に深く深く刻まれるものでしょう。きっと太田君は、この先死ぬまでいちごちゃんを推し続けるはず(いちごちゃんに熱愛発覚のスキャンダルが出ない限り)。

星宮いちごという個人としての魅力だけでなく、星宮いちごというアイドルとしての魅力も見極めたかった私ですが、この第4話のおかげで、いちごちゃんは個人としてもアイドルとしても100点の、合計200点のキャラであることが判明しました。やっぱりアイドルとしての魅力を評価するには、こういったファンと接するエピソードが必要不可欠ですね。総てのアイドルアニメは、この神エピソードを見習うべき。って、スタッフロール見たら、今回の脚本は高橋龍也さんじゃないですか! こういう回をデレマスの方でもやってよ~!(笑)

アイカツ!が見放題の動画配信サービス
dTV
dアニメストア
バンダイチャンネル
hulu

アイカツ!1stシーズン Blu-ray BOX1

販売元:Happinet(SB)(D)( 2014-11-05 )

定価:¥ 28,944 ( 中古価格 ¥ 15,981 より )

Amazon価格:¥ 21,650

時間:600 分

4 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL