2016春アニメの視聴予定表

今期アニメの視聴予定、及び期待度です。☆ ◎ ○ △ ×の5段階評価となっています。原作既読アニメには(既)マークを付けています。

 プリパラ (3rd season)
2nd seasonのキャラはイロモノ系で溢れていましたが、3rd seasonの新キャラは正統派アイドルな感じで、また違った楽しみがありそう。全員の名前に「のん」がついているところも、いろいろ想像を掻き立てるものがありますね。更に今回からは赤ちゃん育成要素が新たに追加。赤子をあやすらぁらの姿を通して、女児は母性に目覚め、オジサンはバブみを感じる。世の中上手くできている。

 アイカツスターズ!
アイカツ!が終わった悲しみが未だ尾を引いていて、すぐに気持ちを切り替えられそうにないのですが、新シリーズの「アイカツスターズ!」は勿論楽しみですし、早晩思いっきりハマってしまうことは確実でしょう。現時点で気になっているキャラは桜庭ローラ。友達だけどライバルという立ち位置が、アイカツ!の精神を受け継いでいて素敵

 ジョーカー・ゲーム
異能の精鋭たちによる、究極の頭脳戦! そのフレーズだけでめっちゃワクワクしますね。最初タイトルだけ聞くと、よくあるデスゲーム系の作品を想像したのですが、スパイフィクションだったとは。デスゲーム系はデスゲーム系で好きですけど、スパイフィクションはなかなか他で見かけないので超楽しみ。

 迷家
オリジナル作品ですが、監督にSHIROBAKOの水島努、脚本にあの花の岡田麿里ということで、強烈に匂い立つ名作の予感。水島努監督はギャグ作品のイメージが強いですが、このかなり重めなシリアスが予想される作品をどう料理されるんでしょうね。登場人物が30人というのも異様。30人もいたら、確実に誰か死ぬよなぁ(笑)

 坂本ですが?(既)
アニメ化されるのが遅く、ちょっと旬を逃してしまった感はありますが、PVを見てみるとやっぱり面白くて期待大。緑川光さんという配役もベスト。これこそニコニコ動画で見るべきアニメだと思うのに、現時点で配信は予定されていないのが残念。

 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
えぇぇ…。これジョジョなの…? 原作の方でも、4部からガラッと雰囲気が変わった印象は受けていましたが、いくらなんでもアニメのキャラデザひどすぎない? あれだけ渋くて色気のあった承太郎がちんちくりんになっているし…。筋骨隆々の美しい体躯で、立ち姿だけで絵になる1~3部の頃のジョジョが恋しい…。4部馴染めるかなぁ。

 うさかめ
てーきゅう公式ライバルという謎アニメ。てーきゅうと同じくルーツさんが原作で、てーきゅうと同じくテニス部が題材になっていて、確かにほぼてーきゅう。逆にてーきゅうとの差別化がどこで図られているのかが気になります。

 マクロスΔ
マクロスは全シリーズまったく見たことがないです。ロボットアニメ自体が苦手な私が見たってどうせ楽しめないとは思いますけど、アイドル要素があるのでちょっと見てみたい。マクロスのメカは飛行機から人型ロボに変形するみたいですが、その中間の形態(GERWALK)に生理的な気持ち悪さを感じるのは私だけ? なんかおたまじゃくしが蛙になる途中みたいな…(笑)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

著者/訳者:柳 広司

出版社:KADOKAWA/角川書店( 2011-06-23 )

定価:¥ 596

Amazon価格:¥ 596

文庫 ( 280 ページ )

ISBN-10 : 404382906X

ISBN-13 : 9784043829064


8 Responses so far.

  1. 白柴 より:

    私は今期はジョジョだけですかね〜。他にも原作既読で一応見ようかなというのが2、3あるけどどれも期待できそうにないし、すぐリタイアしそうです。
    ジョジョ4部はもう1部開始時から楽しみにしていたと言っても過言ではない程に好きなのですが、キャラデザは確かにちょっと不安ですね。
    線の書き込みが少なく、原作の絵をうすーくしたような感じで、特にセクシーさがなくなった感はあります。予算が少なくなったのかな…?
    とは言っても実際1話を見てみると思っていたよりは受け入れられそうな感じです。
    なんだかんだ4部アニメ化というだけで幸せなので、最後まで楽しんで見ることと思いますし。
    ジョジョにおいてもしかしたらディオ以上に有名なキャラクター、岸辺露伴の登場もこの部なので、早くアニメで見たいものです。

    …ところで、この表を見る限り、もしかして今期のジョジョは感想無し的なアレですかね…?

    • 三部のジョジョのヴィジュアルは、まさに全体の描き込みの多さと、絵の濃さ、キャラのセクシーさが魅力だっただけに、それらが全部反転してしまった四部からは不安しか感じません。

      私も実際四部1話を見たあとだと、「思ったより悪くなかったかな?」と一瞬思ったのですが、感想書く過程で改めて三部の頃と見比べてみると、やっぱり全然違うなと改めて思いました(笑) 比較しちゃダメですね~。すごすぎた三部はもう忘れよう!!

      >岸辺露伴の登場もこの部なので、早くアニメで見たい
      おお、岸辺露伴は私でも知っていますよ。名前以外の知識はゼロですが。同じく“名前だけは知っていた”ポルナレフも、実際見てみるとすごく良いキャラでしたから、岸辺露伴も有名になるだけの魅力があるはずだと期待しています。

      >今期のジョジョは感想無し的なアレですかね…?
      正直ちょっと迷ったんですけどね。ジョジョの感想を書くってことは、1年間続けるということですから。今のテンションで果たして1年間モチベーションが続くのかな…って。ジョジョ四部がモチベーションを途切れさせないほど面白い作品であることを願います!

  2. さーべ より:

    私は多忙を極める身のため、節制として二作品、ジョジョとコンレボに絞りました。

    ついに始まりましたね。ジョジョ四部。キャラデザインに関しては苦言が無いでもないです、五部ならまだありなんですが…、四部はまだまだマッチョあるでしょうに…。しかし、シーザーの最期やカーズとの決戦、ダービーとのギャンブルにDIOとの決戦、あれだけのものをやってくれた制作スタッフの方々を信じてみます。
    そして、四部。ご存知かもれませんが、三部の「旅」とは対照的に、「街」がテーマになります。

    何百何千と通った通学路、顔馴染みの近所の人、いつのまにか亡くなった猛犬、冒険した山、友達の家の中、結局一度も行かなかったレストラン、そんな故郷を思い出してご覧ください。

    • 私も最近は昔ほどたくさんのアニメをチェックできなくなってきました。といっても、昔見ていなかった女児アニメをみるようになったからで、見ている本数自体は実は大して変わっていないんですが(笑)

      >(ジョジョ)あれだけのものをやってくれた制作スタッフの方々を信じてみます
      多分、第四部からアニメ化されていたら私は絶対に見ることはなかったでしょう。良い意味で時代錯誤な第一部に興味を惹かれて、続く第二部、第三部とずっと右肩上がりで楽しませてくれたジョジョ。その信頼感があるので、四部も必ず楽しめると信じていますよ!

      >三部の「旅」とは対照的に、「街」がテーマになります
      仗助らが住む街に起きる難事件の数々を解決していく感じですかね。やがて、その背後には黒の組織のような恐ろしい奴らが恐ろしい計画を推し進めていることが発覚するみたいな。

      見た目だけでなく、第四部のジョジョは今までのジョジョのイメージとは大きく異なる転換点なのかもしれませんね~。

  3. ゲスト より:

    ジョジョに関しては3部も結構作画が怪しい回はありましたし、1部2部など明らかに4部よりも低予算で
    作画もちょっとどうなんだろう・・?という回ばかりでした。が、あの面白さ。作画で判断は早計と思います。
    戦闘回を動かすために日常回で省エネするのは3部でも顕著でしたし期待していいと思います。
    筋骨隆々に関しては原作4部からして既にシャープな体型への画風の変化が始まってましたから、徐々に変える
    よりは最初から4部後期の絵に合わせるのは混乱が少なくていいんじゃないかなと。
    この4部以降を蛇足として忌み嫌ってる人もいるんですが、実に勿体無いの一言ですね・・・むしろ
    スタンドバトルが雑で力押しが多かった3部より知略戦の趣が強くなり、現在のジョジョの雛形になったのが
    この4部からです。そういう意味でとても重要な部と言えます。
    キャラも3部までと比べても勝るとも劣らない強烈に個性的な面子なので飽きないのは保証します。
    個人的にはこの4部と次の5部がスタンドバトルの最高峰だと思っているので是非楽しんでほしいです。

    • 作画のクォリティに不安というよりは、簡略化された四部のキャラクターデザイン自体があまり好みでないんですよ。体格がしぼんでしまったことへの不満だけでなく、堀が深くて濃い顔立ちだった三部のキャラデザに比べて、四部はのっぺりとした平面顔なので、その辺もガッカリといったところ。1話ごとの作画の崩れに関しては、然程ギャーギャー文句つけるタイプではありません(余程じゃない限りね)。

      ヴィジュアル面で劣化したことに落胆はありつつ、ずっと楽しみにしていた四部ですので、いきなり見切りをつけるようなことは絶対にありません。とりあえず、1クールもすればヴィジュアル面の不満なんか忘れて、以前のようにハマっていると思います。1クール超えてまだ魅力が見えなかったらヤバイですが…。

      >力押しが多かった3部より知略戦の趣が強くなり、現在のジョジョの雛形になったのがこの4部から
      スタンドバトルは身体的な強さを必要ないのでムキムキのマッチョである理由はありませんが、だからこそムキムキのマッチョであるジョジョ三部には価値を感じました(笑)

      それはともかく、四部は更にスタンドバトルの奥深さを推し進めていくカタチになるのですね。“スタンドバトル最高峰”と聞くと大いに期待せざるを得ない。知略戦の趣が強まるのは願ってもいないことですし、そうなればバトルに関しては三部よりも自分好みなものになるといえるかも? でも、小手先と頭の回転だけで勝敗が決まってしまうのではなく、時には知略を超えたパワーの重要さも忘れないでほしい(笑)

  4. 草薙静流 より:

    相変わらず浅生さんとアニメの趣味が被らないのですが、「迷家」と「坂本ですが」位ですかね。
    前者は1話を観た限りだと全く先が読めませんね…ミステリーなのかホラーなのか判らないのでとりあえず
    暫くは観てみますが。後者は不安しかないですね…原作も面白かったのは1巻だけだったし。

    あとは個人的には「三者三葉」と「くまみこ」、それと「あんハピ」かなぁ。
    この中だと一番の期待作は「三者三葉」でしょうか。「未確認で進行形」と同じ作者さんの作品ですけど
    ありがちな萌え4コマ作品ではないので原作のような間と雰囲気があるなら今期一番の作品でしょうね。

    • おや、いつもは被らない静流さんとの視聴アニメが今回は割と結構被っているじゃないですか。あとは静流さんにもプリパラとアイカツスターズ!を見てもらえれば、ほぼ同士ですよ!(笑)

      >個人的には「三者三葉」と「くまみこ」
      リストには掲載していませんが、「くまみこ」は視聴しました! これは思いの外面白くて収穫でした。1話のAパートとBパート、それぞれお気に入り。幼女の「セクシャルハラスメント!!」は爆笑しましたよ。「繰繰れ!コックリさん」の初回を見たときのテンションに似ていますので、「くまみこ」もそのような作品になっていってくれると嬉しいな。